雨が降っても外壁塗装は可能?

外壁美人 > 外壁塗装の基礎知識  > 雨が降っても外壁塗装は可能?

雨が降っても外壁塗装は可能?

外壁塗装工事を依頼して行ってもらった際に、多少の雨が降っていても作業を止めない塗装屋さんは残念ながら少なくはありません。

塗装屋さんは塗装のプロですので素人さんとしては信じ切ってしまいますが、果たして雨降りの外壁塗装は行っても構わないのでしょうか。

 

塗装と水は、相性が非常に良くありません。

その為、水分が塗装箇所に付着する場合は、塗装工事を行ってはいけません。

でしたら、ブルーシート等で雨をよけて施工をすれば問題ないと思うかもしれませんが、それも間違っています。

雨をブルーシートで避ける事が出来ても、雨降り時に必ず発生する湿度は避ける事が出来ません。

湿度が塗装部分表面に付着してしまい、小さな水滴が外壁についてしまいます。

小さい水滴は、雨水が外壁に当たっている事と意味は同じです。

その為、その上から塗装工事を行うと塗膜が外壁に付着せずに剥離してしまいます。

 

塗装工事の際に多少の雨でも可能と言える工程は、1つもありません。

パテや研磨刷りなら塗装工程じゃないから大丈夫、なんていう方もいらっしゃいますが、それも間違いです。

水分が施工部分に付着する恐れがある場合にパテ処理を行うと、パテと外壁の間に水分が付着してしまうので、パテの密着度も悪くさせてしまいます。

また、研磨紙ずりも雨の日は行ってはいけません。

研磨をかけた後は、すぐに塗装をかけなくてはいけません。

しかし、雨が降っているので塗装は出来ませんので、放置しておく際に雨水がどんどん浸透してしまいます。

 

したがって、雨の日に塗装工事を行う事は一切できません。

雨が降っている、湿度が高い日は、塗装工事を行ってはいけません。

 

しかし、塗装工事を続ける塗装屋さんは少なくありません。

塗装屋さんの職人さんの多くは日給月給なので、その日仕事が無ければ日当が加算されません。

その為、極力作業を行って日当をもらう事を考えます。

しかし、雨の日に塗装工事を行う事は建築的には違法ですので、絶対に行ってはいけません。

外壁塗装工事を依頼する際は、事前に雨の日の作業について問い合わせてみると良いでしょう。

ご自分が信用できる塗装屋さんに、外壁塗装をお願いしましょう。