水性塗料が溶けない理由|水性塗料の仕組みを理解しよう

外壁美人 > 外壁塗装の基礎知識  > 水性塗料が溶けない理由|水性塗料の仕組みを理解しよう

水性塗料が溶けない理由|水性塗料の仕組みを理解しよう

外壁塗装の中で近年採用される事が多くなってきている水性塗料ですが、何故水性なのに雨水に溶けないのかと思った事ありませんか。

水性のサインペンや絵の具のように、水性なのであれば雨水に溶けてしまうイメージがあると思います。

 

水性塗料が雨水に溶けない理由は、乾燥の際に水分は揮発して樹脂と顔料のみが残るメカニズムの影響です。

樹脂と顔料の2つは、水性ではありません。

よって、完全に乾燥して水分がなくなると水に溶けない塗膜成分に変身するのです。

水性塗料ですが、乾燥する事で水性成分はゼロとなるという理屈です。

この理屈からいくと、乾燥の際に水分が全て蒸発しないと水分が残ってしまうので、雨が降ると流れてしまいます。

 

よくお見かけするのが、塗装した後に雨が降ってしまい塗料がダラーっと流れ落ちてしまう状態です。

乾燥していないので塗膜に水分が残っている状態なので、残った水分の影響により流れ落ちてしまうのです。

完全に乾燥して硬化する事で雨に溶けない塗膜となるので、水性塗料での外壁塗装は雨などの悪天候に注意をして行わなければいけません。

梅雨時期や台風時期などは、特に天気予報を細かくチェックして外壁塗装工事を行わなければいけません。

この様な流れは油性塗料には無いので、外壁塗装の際は油性塗料の方が本来は扱いやすい塗料と言えます。

しかし、ホルムアルデヒドなどの体や環境への影響を考えると、絶対に水性塗料の方が適しています。

 

塗装に詳しい塗装屋さんであれば、この仕組みを把握した上で水性塗料での外壁塗装を行ってくれます。

水栓塗料で外壁塗装を行う場合は、塗料の事を熟知している塗装屋さんに工事をお願いするようにしましょう。