無機塗料は耐久性が高いメンテナンスフリー塗料

外壁美人 > 外壁塗装の基礎知識  > 無機塗料は耐久性が高いメンテナンスフリー塗料

無機塗料は耐久性が高いメンテナンスフリー塗料

塗料には、有機塗料と無機塗料との2つの種類がございます。

この2つの種類には、大きな違いがあります。

一般的なアクリルやウレタン、シリコン等の塗料は有機塗料です。

有機塗料は有機物が多く含まれているので、どうしても耐候性が低くなって紫外線等による負担を大きく与えられてしまいます。

経年劣化で塗膜が衰えてしまうのは、有機物が含まれている事で劣化してしまうというのが大きな原因です。

 

無機塗料は、塗料の中に無機物が含まれた塗料です。

あまり知られない無機塗料ですが、このような大きな特徴があります。

 

①他の物質からの影響がないので耐久性が高い

無機物は作りだした鉱物では無いので、他の素材からの影響を与えられる事がありません。

その為、紫外線等の負担がかかっても劣化する事がありません。

外壁塗装に使う事で、劣化しにくい塗膜を作る事が出来ます。

約20年は持つ事が出来るので、塗膜の寿命が高いフッ素塗料よりも長い寿命となります。

 

②低汚性が高い

無機物を使用しているので、外壁面に静電気が起こりにくい塗膜となります。

その為、ゴミなどの不純物が付着しにくい外壁にする事が出来ます。

長期間、塗装したてのような綺麗な外壁を保つ事が出来ます。

 

③不燃性が高い

無機物は鉱物ですので、非常に燃えにくい性質があります。

全てが無機物ではありませんので、完全に燃えない訳ではありませんが、他の塗料よりは数倍も燃えにくい外壁塗装にする事が出来ます。

 

この3つは塗料として素晴らしく良い特徴ではありますが、残念ながらデメリットもございます。

それは、価格が高い事です。

無機物の価格が安価では無いので、有機塗料よりは高くなってしまいます。

また、需要と供給がまだ乏しいので、高価な塗料になっています。

皆さんから求められるようになると、幾分かお安くなるでしょう。

業者さんによって差はありますが、㎡当たり4,500円程かかってしまいます。

一般的な有機塗料の、約倍はかかると言ってもいいでしょう。

 

もう1つのデメリットは、つや消しは無くつや有りしかない事です。

無機塗料は塗膜の劣化がしにくいので、長期間になる事でのつやの落ちも無いので、ずっとつや有りの状態を保ってしまいます。

キラキラピカピカなつや有り状態は苦手と思う方には、少々気になってしまう塗膜となってしまいます。

最低でも、3~5分つやとなってしまいます。

 

無機塗料は、大手の塗料メーカーより販売しております。

日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研等から販売されていますので、気になる方はチェックしてみましょう。